ISOはハサミ  
吉川組・前田重宏様
 
       株式会社 吉川組
代表取締役  前田重宏様
 

皆さんこんにちは。
 私どもの会社は多治見市を中心に昭和5年創業以来、東濃地方に於いて総合建設業として公共事業を主に展開してきました。この地域で最も歴史の在る会社でございます。
しかしながら、公共事業の見直しなどによる受注高の減少となる時代を迎え、当社として生き残りを計る為に新たなる事業展開として、水周り機器メーカーと提携したリフォーム事業、マンション経営の支援事業、医師とタイアップした福祉事業への参入など、現在新たなる方向を目指し社員一丸となって展開を図っているところであります。

 平成7年、私が社長に就任した折、厳しい時代を迎えるにあたり最初に取り組まなければならなかったのが、創業70年という非常に古い旧態依然とした体質からの脱却でした。
 試行錯誤しながら体質改善に四苦八苦している時に出会ったのがISO9002:94年度版でした。以来ISOに関する本はもとより、取得済みの会社を訪問するなど色々な情報を得るなか益々ISOの取り込みこそが次の時代に向けての体質作りの必須条件と確信を得た次第です。
しかしながら、平成13年9月に94年版の認証を(今から思えば半ば強引に)受けたものの社内のムードは一向に良くならず、私としては一時やめようかと思ったくらい社員のISOに対する意識が遠のくばかりでした。

 そんな折、何年ぶりかに同窓会で出会いこの話をしたのが坂口氏でした。以来、彼に当社のISOと施工管理を含めた技術顧問としての助けを請うことになりました。
 今日まで、本来の形であるべきISO構築に向け、彼の長い現場の経験と技術士としての豊富な知識を生かした助言を頂きながら平成15年にISO9001:2000年度版を、平成16年11月にはISO14001を取得するに至って居ります。
 以前と比べ、社員同士の積極的なコミュニケーションが非常に多くなり、問題意識が高まってきた事。それにも増して数多い現場の状況が日常的にかなりの部分で把握出来るようになり"無理・無駄・ムラ"の激減した事が結果となって現れてきた事です。
 まだまだ以前と変わった点を挙げればきりがないのですが旧態依然とした体質からの脱却がかなり進んだことは事実であります。
 一般の製造業と比べ建設業でのISOの運用は難しいとされていますが、建設業の体質を熟知した経験豊かな坂口氏に指導を委ねた事に今心より感謝をしているところであります。
 今後、当社にとってこの二つのISOが次の時代に向けて進んでいく"吉川丸"の大切な潤滑油になればと思っています。

 最後になりましたが ISOは"ハサミ"の一種でもあろうかと思います。使いようによっては非常に素晴らしい服を仕立てる事が出来るが、使い方を間違えたら凶器となりハサミを使う人間(会社)までだめにしてしまう。これがISOであると共に経営者自身がハサミの使用目的をきちんと社員ひとり一人に理解させる事こそが素晴らしいISOを"仕立てる"基本となるのではないかと思います。


会社プロフィール
〒507-0072  岐阜県多治見市明和町2丁目50番地
株式会社 吉川組
TEL 0572-27-3141(代)
FAX 0572-29-3907
Homepage http://yoshikawagumi.co.jp/

企業様ご紹介へ戻る



ISOを活かす