社内改善のご提案


社員教育を行ないます

 最近はパソコンの普及がめざましく、発注者の要望もプリンターでアウトプットされたものが要求される時代となりました。技術者に求められる技量の変化は追っても追いつかないほどです。しかし、建設業の現場をながめてみたとき物造りの基本は何ら変わってはいません。ここに現在の若い技術者のとまどいが生じます。物造りの基本が分からなくても書類だけは揃えなければならないのです。
 今、若い技術者に不足しているのは、現場を「やりこなす力」「先を読む力」です。ここのところを教育訓練しなければ会社の利益にはつながりません。


原価管理を指導します

 基本は、1個いくらか? 1日いくらかかるか? これを考えることです。それも社員のうちの何人が考えていてくれるか?です。最近は発注者も「コスト縮減」の名のもとに、変更契約も渋く、期待できない状況が続いています。こんな中で利益を確保するにはどうしたらいいのでしょうか。
工事が終わってみないと利益状況がわからないということはありませんか? 協力業者から精算の話でせがまれていませんか?出たとこ勝負で進めていればきっとこうなります。
  坂口テクノコンサルタントの原価管理の基本は「今後支出の管理」に重点を置いています。あとどれだけ要るか?これを掴める原価管理を若い技術者に徹底的に指導させていただきます。


内部監査に立会います

 内部監査がしっかり行なわれている企業へ審査員としてお邪魔したときは、内心ホッとします。改善点を自分達でみつけ是正処置へ回す。システムがうまく回っている証拠です。
しかし、まだまだ形式的に書類上で済まされているケースも見受けられます。もったいないですね。どうせやるなら会社のためになるような内部監査を進めたいものです。
 坂口テクノコンサルタントは内部監査に立ち合わせていただきます。「ISO19011監査のための指針」に沿った監査のやりかたを実践に同行して指導させていただきます。

実務状況イメージ
内部監査の実務状況



内部監査員を養成します

 内部監査員になるには、研修機関が行なう「内部監査員養成セミナー」へ行かないとなれない。と思ってみえる企業様も多いですね。確かに手馴れたセミナーを受けることで内部監査員としての力量も付くことでしょう。
  内部監査員を増員したい、若い社員にも社内を監査させたいとお思いではないですか? おまかせください。御社へ出張して内部監査員を養成します。もちろん外部のセミナーへ行くより割安となります。

進め方の確認イメージ
内部監査の進め方の確認


坂口テクノコンサルタントは一緒に考え、一緒に解決していくことを目標としています。どんなことでもご相談ください。

ご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせについてはこちら



社内改善のご提案